紙壁紙の貼り方

こちらの壁紙は、材質が「紙」と表示されている壁紙の貼り方です。
※賃貸住宅にお住まいの場合など、原状復旧が必要な場所にはこの方法では貼れません。



step1 壁紙をはがす


※当店取り扱いの「強力タイプのり」をご使用される場合は 既存の壁紙は剥がさずに上から貼ってOKなので STEP2からご覧ください!

壁紙に切れ目を入れる

剥がしたい壁紙にカッターで
×印で切れ目を入れます
下のボードまで切らないよう
力を入れすぎずに!

壁紙を剥がす

切れ目から壁紙を剥がしていきます
根元からゆっくりと引っ張る
 

剥がしすぎ注意!

ボードが見えるまで剥がすのではなく
剥がした壁紙の裏紙が
残っている白い状態にしてください
剥がしすぎ注意!



step2 壁紙にのりを塗る

用意するもの

壁紙のカットの準備をします
1枚目は、貼る場所の高さ+10cmの長さに
印を付けます

カッターでカットする

カッターでカットします
 

2枚目以降は柄合わせして切る

2枚目以降は、1枚目と
柄を合わせてカットします

のりを塗る

壁紙の裏にローラーを使って
たっぷりとのりを塗ります
 

じゃばらに折る

のりが乾いてしまわないように
塗ったところからふんわりと
じゃばら状に折りたたんでいきます

5分ほどおく

塗り終わったら5分程置いておきます
(紙素材はのりを塗ると1%伸びるので
のりを馴染ませるためです)





 

step3 1枚目をはる 

5分程置いたら壁紙を貼ります

使うもの

◆使うもの◆
(1)撫でバケ(2)地ベラ
(3)ジョイントローラー(4)竹べら
(5)カッター&替え刃(6)ハサミ(7)スポンジ
便利な壁紙貼り道具セットはこちら

壁紙をおく

ロールのまま、床に壁紙を置きます
引っ張りあげてロールを広げていきます
※柄の向きが逆さになる場合は
ロールを逆向きに巻き直してください

壁紙を広げる

壁紙を上まで引っ張ったら
壁にくっつけます
 




少し余らせて貼る

ぴったり貼るのではなく
上に5cm程余分をとって貼ります


ロールを切り離す

下も5cm程余分をとって
ロールをカッターで切り離します
 
 

壁紙の位置を合わせる

左端は壁のラインに沿って貼ります
のりをたっぷり塗っていれば
貼ってからでも壁紙を
ずらす事ができます



空気を抜く

撫でバケを使って
空気を抜いていきます
中心から外側に向かって
優しくすべらせます

竹べらで型をつける

竹べらを使って壁紙に型をつけます
角に向かって優しく
3回程竹べらでなぞります
※強くなぞりすぎると壁紙が破れるので注意!
  

余分を切る

地ベラとカッターを使い余分をカットします
地ベラを角にぐっと押し当てて
外側にカッターを当てて切っていきます
地ベラは角が丸くなっている方を
進行方向に向けましょう



下の余りにも型をつける

下の余りも、上と同じように
竹べらで優しくなぞって型を付けます
幅木がある場合は幅木に沿って、
無い場合は床と壁の境目に沿っていきます

カットする

地ベラを押し当て、カッターを外側に当て
余りを切っていきます
なるべく地ベラの角度は床に対して垂直方向に。
カッターの角度も地ベラに合わせてください
  

のりを拭き取る

上下の余分をカットしたら
余計なところに付いたのりを拭きます
壁紙を濡らさないように地ベラでガードし、
水で濡らし固く絞ったスポンジで拭きましょう



Point カッターの切れ味

カッターの刃はこまめに折る

カッターの刃は切れ味命!
壁紙のカットの仕上がりは、カッターの切れ味に
かかっていると言っても過言ではありません。
こまめに折ることが大切です。
刃を1目盛り出して溝を地ベラの持ち手に押し当てると折ることが出来ます!
刃が飛ばないように親指で押さえて折りましょう。

 






Step4 2枚目以降を貼る

のりを塗る

1枚目と同様にローラーとハケを使い
壁紙の幅+10cmの範囲で
のりを厚めに塗っていきます
 

2枚目を貼る

ロールを下から広げて貼ります
2枚目以降は柄合わせがあります
はじめはぴったりでなくていいので
大体の合う位置を探して貼ります
  

壁紙をずらして柄合わせ

壁紙をぺたっと貼って、柄がきちんと合うように
壁紙をずらしながら1枚目の端に
ぴったりくっつけます
輸入壁紙は国産クロスと違い、
つなぎ目は重ねずにくっつけるだけでOK!



上の余りを切る

2枚目以降は柄合わせのロスで、
場合によっては何十センチも上に余ります
そのまま作業すると重みで落ちてくるので
先に竹べらで型を付けます

余りを切る

地ベラを押し当てカッターを外側に当て
切っていきます
 

  

ジョイントローラーでつなぎ目をおさえる

ジョイントローラーを使って
つなぎ目をコロコロ押さえて
つなぎ目が浮いてこないようにします
しっかりコロコロしておくことで
のりが乾いたあともつなぎ目が開きにくくなります



空気を抜く

1枚目同様、撫でバケを使って
中心から外側に向かい
空気を抜いていきます

余りを切る

下の余りも切ります
切り方は1枚目と同様です
 

のりを拭き取る

切り終わったら、はみでたのりを
スポンジで拭き取ります
これで2枚目の完成です!
3枚目以降も同じ手順で貼っていきます



右端を折る

右端まで貼っていくと、右に壁紙の余りが出ます
余ったところを内側に折りたたみましょう
 

竹べらで型をつける

折りたたんだら、2枚重なった状態で
型をつけていきます
竹べらでしっかりなぞります

カットする

しっかり型が付いたら
2枚重なった状態でカットします
地ベラの角がとがっている方を壁の隅に向け
カッターを当ててカットしましょう



余り過ぎてたらハサミで切る

上下ともに、もし余りが長く出ている場合
5cm程残して先にハサミで切っておく方が
作業がしやすくなります

竹べらで型をつける

余った部分を竹べらでなぞる
上の時と同様に、右の余りを折りたたんで
2枚重なった状態でなぞります

カットする

しっかり型が付いたら
2枚重なった状態でカットします
地ベラの角がとがっている方を壁の隅に向け
カッターを当ててカットしましょう



右端を竹べらでなぞる

ラストスパートです!
上下の余りをカットした後は
右端を竹べらでなぞって型をつけます

右端をカットする

右端の余りをカットします
地ベラもカッターもなるべく寝かせて
カットしていきましょう☆

のりを拭き取る

最後も気を抜かず
のりをしっかりと拭き取りましょう!





完成です!



※はがす時は端っこかつなぎ目からはがします。
手でゆっくり引っ張っていくと簡単にはがせます☆
はがした後に、もとの壁にのりが残りざらざらしている場合は
濡らしたぞうきんや水を含んだスポンジなどで拭き取るとのりがきれいに取れます☆